ベルブランはこんな人におすすめできない!

ベルブランがニキビ跡対策用美容液であっても、おすすめできないタイプのニキビがあります。

 

ニキビには様々なタイプがあり、

  • 赤みを帯びたニキビ跡
  • 茶色くシミになってしまったニキビ跡
  • 小さめのしこりのようなニキビ跡
  • 凹凸ができてしまったクレーターニキビ跡等があります。

 

残念ながらベルブランを使用してもあまり効果がでないと言われているのが、デコボコしたクレーターニキビ跡です。

 

皮膚の表面がデコボコしたクレーターニキビ跡は、ニキビによる炎症を何度も繰り返しているうちに、
皮膚の内部やニキビ周辺の細胞組織までも破壊されてしまい、皮膚が完全にくぼんでしまった状態です。

 

皮膚が再生不可能に破壊されてしまっているので、ベルブランでも元の状態に戻すことは難しくできません。
このようなニキビには美容皮膚科やレーザー治療等、他の方法を探してみる方がよいでしょう。

 

ではベルブランの効果がはっきりとわかるニキビ跡はどのようなものでしょうか。

それは

  • 赤みを帯びたニキビ跡
  • 茶色くシミになってしまったニキビ跡です。

 

ベルブランにはメラニン色素を抑制する成分やニキビ予防、肌の再生を促す成分が多く含まれています。
ベルブランを毎日使用することで、これらのニキビ跡が徐々に薄くなり、健康な肌へ近づくことができます。

 

また小さめなしこりのように盛り上がったニキビ跡も徐々に元の肌の状態に近づけることができますので、継続してベルブランを使ってみてください。

 

 

ベルブランの定期コースの解約方法